FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【特別企画短編集】光耀纂⑤~県道87号線~




     けんどうー



 高速道路に太陽を隠された、車の往来が激しい県道を坂口の十字路で南に逸れると、そこには道幅の狭い、歩道も曖昧な県道87号線が走っている。兄が歩き、そしていなくなったその路(みち)を、僕は重たいリュックを背負いゆっくりと歩く。


 6月下旬の梅雨明けの空は、まるで鬱憤を晴らすかのように限りなく強く青くて、未来への標を示すようにまっすぐなこの道の果ての、水平線へと展開する。車の排気と熱気に煽られて古ぼけた黒灰色のアスファルトはゆらゆらと揺れて、決して辿り着かぬ幻の水たまりをを輝かせた。通りすがる大小の車は皆、無縁の旅烏(たびがらす)のように砂煙りを巻き上げて通りすがって行く。その延々たる、漠然たる時の中に、まるで僕の意識は朦朧と蜃気楼のように存在してるようだった。

 その、感覚を現実に引き戻そうとしたのか、或いは更なる幻想に誘ったのか、突然大粒の水粒が降り注いだ。雲ひとつない空から降るその雨は私を一気に濡らす。たまらず僕が駆けこんだ先は、一軒の小奇麗な外見をした喫茶店だった。看板には「プレリュード」とあった。

 中に入り、いつものように入口の漫画雑誌も手に取らずニス塗りの木製の椅子に座る。薄暗い店内には香り高いコーヒーの匂いが漂っていたので、僕はアメリカンを注文した。そして、窓の外の急に白い霧に包まれた県道87号線を眺める。


 兄は、どうしてここでいなくなってしまったのだろう?
 あの時も、この県道はこうして深い靄(もや)で兄を覆い、そして隠したのだろうか?


 僕はその時、直感的に何かを感じると、喫茶店の中をきょろきょろと見回す。
 すると、茶褐色の壁の柱に、何か文字が刻まれているのが目に入った。カッターか何かで傷つけたのだろうが、その文字は丁寧で、まるでこの店の歴史の隅に隠れているような、隠れていたような穏やかさを持っていた。




 「新しい世界を見つけた」
 「この道の先に見つけた」
 「ヒスイの花を眺めるために」 
 「またその体を持ちあげよう」




 僕はそれを見た時、兄がもう二度と戻ってこない事を悟った。
 目からは涙が溢れ、まるで道を創るように頬を流れ落ちた。 




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

この道は酷道だったのかしら。
すごい道があるものね。
これで国道なんかい!
とツッコミたなるような道。

違うにしてもその道は、
黄泉という未知の世界に繋がっていたのか
それにしても
兄さんが戻らないことを感じとってしまう。
それは寂しく辛いことだ。

びゆうさんこんばんは!


 ひょっとしたらではなく「告導」かもしれませんよv-291

 道と言うものは時に見えない運命を告げ、それを辿ることで何かが見つかると思い、私もそれをただひたすらに求めた事がありました。導かれるように、歩きました。お兄さんも、その求道者の1人だったのかもしれません。

 しかし、兄弟に涙を流すほどに好かれていたようなので、おそらくは良い人だったのでしょうね。それ故国道は心を開いたのかもしれません。


 


 
アンケート
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

由一

Author:由一
リンクフリーですが、転載は禁止。
旅人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
Gallery
Gallery
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。