スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【ことば】みんな必死に生きている



    私達はがんばっていきているのだ



 カタチは違うけれど、必死に生きていない生き物なんているのだろうか? 世界の表層的な部分だけ見て、頑張っていないからと、怠慢があるからと、個性が無いと、歯車だと、あなたは一方的に彼等を見下す事ことができるのか? 

 笑えはしない。
 もし私がそれを笑うのならば、本当に笑われる存在は自分自身なのだろう。


 ◆


 「アリとキリギリス」のお話は正直あまり好きじゃない感じです。
 働き者だけを美化する内容と言うのが一部の生きる者達、アウトサイダー達を否定し軽蔑ているような感覚を覚えるし、そもそもどの生き物でもアリのように働き将来の対策を十分に取れるような権利を有しているわけではありません。そうしたくても出来ない者も少なくない。アリが一生懸命さや計画性を否定する事も出来ませんが、キリギリスをあたかも悪者みたく扱うスタイルは、そこに深い理由が内包されていたとしてもやはり良い気分がしないのです。どっちかというとキリギリスな生き方をしてきただけに尚更…………彼は彼で、いつ終わるかも知れぬ生を楽しもうと努力してるような気がするんだけど…………


 …………と思ってたら、実際この話はアリ(早いうちにモノなどをためこむ者)の独善的かつ冷酷でケチな姿をキリギリスと対比させて、互いにいずれ死を迎えるものならば、ため込むだけの生涯を終えるアリよりも快楽を追求し生を謳歌したキリギリスの方が善とされる見方があるようですね! ……ただ、どちらにしてもどっちかを否定するような感じなのであまり良い気分にはなりません。一応両方の捉えかたを合わせればイーブンのようにも思えるけれど、なんだかスッキリしない感じです……この両面性もこの話の教訓の一部なのかもしれないけど何だかこう……



 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

アリのように一生懸命働いても世の中すべてが報われるわけではありませんからねぇ(´・ω・`)
かといってキリギリスの生き方をすべて肯定するわけでもないですけど…

実際の世の中にはアリでもキリギリスでもないどうしようもないようなのもいますからね(特に霞が関とか永田町とかに)

どっちがどっちと、これを人と人の見方に
あてはめることは、無理があるのではないでしょうか・・・
ものの見方が狭小では、と思います。
一部分の比較や優劣で、人間だったら判定はできないものでしょう・・・
どのような人でも多面的に、何かが多少入り混じっています。
同じ価値のものとして比べることなどできない、良いところもあるのでは・・・ 

でもね、出現してきたときや一個一個の個性は
くらべられなくても、その人ひとりの状況は、
どうでもいいことは適当どころかやらなかったりしてません?
反対に物事によっては一生懸命なときもあるでしょう。
でもこれは仕事だったら全くいけませんけれど。
ひとりに当てはめると誰でもそういうことですよね。

アリは自分の為に動いているのであり、
キリギリスは自分の為に自由な生き方をしているんですよね。
でもアリもキリギリスもちがうけれど大きな役目があると思います。

>頑張っていないからと、怠慢があるからと、個性が無いと、

一部分だけ見て決められないでしょう。
全部を見比べるなんてできないことですから、
アリの良いところ悪いところ
キリギリスの良いところ悪いところ
あるのではないでしょうか・・・
もの事をみても短い間に判定はできないでしょう。どのようなことでも、必ず成長もする変化もするのですから・・・
アリのように動いて頑張って
キリギリスのように楽しんで行きたいです。

私の大好きな葉切り蟻
せっせと毎日葉を運んでいる。
食料のきのこを栽培するために頑張っている。
邪魔な障害物あれば警備隊の大きなアリが退かす。
見張りも怠りない。
巣のゴミは決まったゴミ置き場に捨てる。
なんと組織だって動くのでしょう。
感心しているとサボっている蟻もいる。
まっ
きっと休暇なんだろうね。
研究で明らかになったのに
サボっている蟻は長生きだとか。
なんか面白い。
こんなに閉鎖な社会にも色々あるんだよね。
まして人間社会
色々あっていいと思うな
それでも地球は回っているミタイナ
ぷぷ

大阪さんこんばんはー

 確かに、あの方々は一見するとどちらでもないようですね。しかし、実際は、おそらくほとんどの方がアリかキリギリスであると思われます。必死に生きているというのも(カタチは違うけれど)該当します……ただ、やはり何だか腑には落ちないし、困った人達なのはメディアの情報操作うんぬんがあったとしても否定できないものがあります。

 不平等、不公平の裏で鉄壁の平等性が存在する困った世の中。しかし、生きる意味は失われずv-291
 


 

びゆうさんこんばんはー


 実は、私はアリの事は決行好きだったりします。


 彼等は健気だし、可愛いし、セカセカした動きも面白い。小学校の頃よくアリを眺めてたんですが飽きないものでしたね。小さくてカテゴリー化された世界ですが、何ともいえぬ面白みや味わいがある。なので、いまだに親近感みたいなものがあります。会社の休憩所でたまに手などに昇ってきてびっくりしたりするけれども。

 私達の世界も、やっぱり面白いですね! 一時は自分自身もカテゴリーのや足枷檻まみれの世の中も捨てようと思ったけど、結局ここまで生きて来られたのは生ける者たちに底知れぬ魅力や希望の味があったからだと思いますv-291

 
 

萌永さんこんばんはー

 コメントを大変丁寧に書いてくださり、ありがとうございます。ここまで、書いてくれたので私の方もポイントごとに丁寧にお答えしようと思います。


 ものの見方が狭小では?あてはめる事に無理があるのでは<
 確かに、私も基本的にはそう思います。人をこう言う物で判断するのは狭まった大局的では無い考え方。ただ、アリとキリギリスから、「カテゴリー」から脱せられた存在は想像以上に少ないものだと思います。努力されている方もいるし、出来ていると思っている人もいるでしょう。しかし、名だたる人間であっても世界の社会の「カテゴリー」から抜け出ていない事が殆ど。私も例外ではありません。もし、あの一種呪われた残酷な物語抜け出そうと思うのならば、色々な事が必要になるでしょうが、これは自分自身でしか発見できませんし教える事も許されません。ただ、言える最低条件として望むまなければならない。今回の記事に違和感や納得がいかなかったという事はそう言った面においても大切な事であると思います。(なお、これが正しいとか絶対にそうした方がいい等とはあえて言いません。社会の枠に入った個性を重視しない生き方なども間違ってはおらず、幸せもちゃんと存在するからです。

 短い間に判定はできない。どのようなことでも、必ず成長もする変化もする<
 変化も成長も、良くも悪くもなることがあります。しかし、それらには全て意味がありますよね! 私たち自身が価値を見出していれば、この世界に無駄な事は無いと思います。なお、私は「失望」と言う言葉は、日常では絶対に使わないようにしています。小説内のキャラクターは私とは思想が違う人もいるので使う可能性はありますが)


 アリのように動いて頑張って、キリギリスのように楽しんで行きたいです<
 そうですね! 私も、こう言うアリとキリギリスの話のような話ばかり考えていると鬱になるので、こう言うのはたまーにして、仕事や自分の趣味や夢に対して精神性誠意かつ健康に気をつけながら頑張っていきたいと思います!


 こういう、自分でもおそらく真っ当な意見では無いとわかって書いているものはコメントをお返しするのが難しく、内容に一部問題点や偏った部分があるかもしれませんが、ご理解ください~私もまだまだ考えが浅い感じですv-291

世界の摂理から言うと。
キリギリスが走りまくっているのが、世の中なんですよね。だから、資産家と労働家が生まれるわけであって。世の中、キリギリスが寝てくれると平等になると思うんですけどね。。。資産家も働いてますし、労働者も働いているんですよね。。。

LandMさんこんばんはー


  キリギリスが全て眠ってしまう事のみで平等に繋がるかどうかは、ちょっと難しいところですね。


 確かに部分的な不平等を作りだしている要因にキリギリス型の人間が関係しているかもしれないのですが、アリが不平等を生成しているところも(後発的にしても)否めないものがありますし、一方の欠落することは果たして世界にとって良い事なのかという疑問は否めません(両方眠らせたら、機能停止になってしまいますしね) 私としては、コメント内でも見られましたものを引用させていただきますが「アリでもキリギリスでもないもの」が不平等の根幹にあるような気がします。それが、人の形をしているものとも限らないものが含まれるとすればそれ自身は強大であり、私達のその不条理さと不平等さ根絶する事は大変に難しいものです。しかし、それを少しでも改善していこうと、良くしていこういう気持ちは持っている必要があります。他の人間の心は全てどころか殆どどうにかすることはできませんし、アリやキリギリスを全て眠らせることもできない。もっとも変えられものがあるとすればそれは自分自身。一見、個人の力と言うものは小さく見えるかもしれませんが、可能性はやはり無限大であり。私達個人個人がが真剣かつ精力的に世の中の事を思いやり考え、行動すればその世の中の問題点は少しずつですが改善していくと思います、またその気持ちがいつか、結託することで更なる力を生むこともあると思います。

 アリもキリギリスも眠らない負のスパイラルも渦巻く世の中ですが、私達はその中でも前向きに頑張って生きたいと思いですv-291 
アンケート
義援金募集
FC2「東北地方太平洋沖地震」義援金募集につきまして
プロフィール

由一

Author:由一
リンクフリーですが、転載は禁止。
旅人。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
FC2カウンター
Gallery
Gallery
QRコード
QRコード
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。